鼻かゆい ムズムズ 花粉症 アレルギー

鼻がかゆい、ムズムズする。花粉症、アレルギーの原因と対処法

スポンサーリンク

鼻が痒い、鼻の周り、鼻の小頭が痒い、鼻の中が痒いなど、鼻がかゆいと言っても実はいろいろ痒い症状があります。
鼻の中が痒い症状には、鼻の中に出来物が出来て小さなできものが出来ることがあります。
男性に多く見られる症状ですが、たまに女性でも出来ることがあります。
これは、鼻の中の毛根に細菌が入り化膿したり、炎症ができていることが考えれますので、この時は無理に潰すことは避け自然治療をすることをお薦め致します。
ひどい場合には、皮膚科へかかるのが懸命です。
他にアレルギー性鼻炎、花粉症などの皮膚の異常反応で鼻の中が痒い症状がありますが、点鼻薬などで痒い症状を抑えます。鼻の表面、鼻の頭、鼻の脇などが痒い原因としては、皮脂が原因をしていることがあり、皮脂が酸化したりすることで痒みをおこし、時には痒みと匂いを伴うことがありますので、特に女性の方は神経質になりやすいと思います。
普段の手入れで、軟膏などよりもローションタイプのスキンケア商品を使いベタつきをおさえ皮脂を抑えることが良いです。
女性の人の場合は、油取り紙などでこまめな手入れをすることで効果が期待出来ます。
ただし、皮脂が多いからと言って無理に指で皮脂をつまんで表皮に押し出すようなことはやらない。

スポンサーリンク

無理に皮脂を指で表皮に押し出すことで、毛根は毛穴に細菌が入り化膿することが考えれます。
また、毛穴が大きくなることで毛穴が大きくなったりして、毛穴が目立つようになりますので注意が必要です。
まれにですが、鼻の表面が痒い症状の原因が、カビと言われるマラセチア菌が影響することで、炎症や脂漏症皮膚炎を起こしていることもありますので、痒みがひどい場合には薬で抑えることが必要です。
逆に鼻の皮膚が乾燥して、乾燥肌のために肌水分量が不足して痒みを伴うこともあります。
乾燥の影響では、肌の表面だけでなく、鼻の中が乾燥、ドライノーズと言われることもあります。
ドライノーズとは、よく聞くドライアイ等と同様に、鼻の中が乾燥して痒みを伴う症状のことです。
このようなときには、鼻のかなの乾燥して痒み抑えるためには、マスクなどもう効果的で鼻の中を乾燥しないようにします。
マスクにミント系のオイルを塗布して見ると、鼻通りがよくなり効果的です。
このように鼻が痒い時には、出来る限り掻くことを控え症状にあった対処法で痒みを抑える、止めることをお薦めします。
無意識に鼻を指で痒くとは、少々恥ずかしい思いをすることがありますので、気をつけます。

スポンサーリンク