鼻 なんとかしたい 対処法

鼻をなんとかしたいときの対処法

スポンサーリンク

アレルギー性疾患を持っている人はたびたびくしゃみなどの症状に悩まされるので、鼻をなんとかしたいと思っているものです。
そんなときの対処法にはいくつかのやり方があります。
アレルギーの症状は朝起きたときに前兆の出ることが多くなっています。
寝覚めの時は別にどうということがなくても、朝食を食べたり身支度を整えたりしているうちにだんだんと鼻の雲行きが怪しくなってきます。
この時点でしっかりとした対処法を実施しないと、その日1日職場や学校、あるいは買い物に出た先などでくしゃみの連発などの症状に閉口することになるので、最初の対応が肝心です。
耳鼻科で定期的に抗アレルギー薬をもらっている人は、朝食後に飲む薬であってもとりあえず先に果物でも食べて早めに飲んでおきます。
食事の後にとゆっくり構えているとくしゃみが止まらなくなって間に合わなくなることが多いためです。
耳鼻科に通っていない人は、あらかじめ薬局などで相談してアレルギー用の錠剤やスプレーなどを購入しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

アレルギーの症状をやわらげる市販薬は、多くが眠くなる成分を含んでいます。
そのため、これから通勤や通学に向かうという場合には向きません。
ただ、数は少ないですが眠くなりにくい成分を使った薬も市販されているので、そうしたものを使うとよいでしょう。
ですが、鼻をなんとかしたいための対処法としては、最初は薬に頼るよりも冷たいタオルで冷やしてみたりするのがおすすめです。
生理的食塩水で鼻うがいをするのも効果的です。
また、ペパーミントのエッセンシャルオイルを用意しておいて、コットンかティッシュに1、2滴含ませ、それをマスクの中に入れて装着するのもひとつの対処法です。
普段、くしゃみなどに悩んでなんとかしたいと考えることの多い人は、常備しておくと役に立ちます。
エッセンシャルオイルは高価だからちょっと・・・という人には、薬局でもっと低価格で購入できるハッカ油などもあります。
効果はペパーミントのエッセンシャルオイルと同様です。

スポンサーリンク