鼻周り 赤み かゆみ

鼻周りに赤みやかゆみが出る原因と対処法

スポンサーリンク

鼻周りに赤みやかゆみが出る原因のひとつは、皮脂の分泌が過剰になっているということです。
鼻の頭は特に皮脂量の多い部分のひとつですが、小鼻の脇など鼻周りも、さわってみればベタつくことでわかるように皮脂が多く分泌されています。
肌の健康を保つためには皮脂はなくてはならないもので、天然のクリームとも呼ばれています。
ただし、人によっては皮脂量が多すぎるために鼻周りに赤みやかゆみが現れることがあるのです。
顔の皮脂量が多いというのは男性によく見られます。
思春期の頃も皮脂は多く、ニキビなどができやすい年頃です。
しかし皮脂のコントロールに気を使っているはずの大人の女性の顔に、意外とこの鼻周りの赤みやかゆみが見られることがあります。
それは、大人の女性の場合スキンケアに気を使うあまり、かえって洗顔のしすぎだったり化粧品の使い過ぎだったりして皮脂量がうまくコントロールできていないことが原因です。
しかし、そのことに気づいていない人も多いので注意することが必要です。

スポンサーリンク

最近では皮脂の取りすぎは肌によくないという考え方が普及し、あぶらとり紙などを使いすぎないよう心がけている女性も増えています。
それは肌のためにとてもよいことです。
ただし、大人の女性であっても元々ほかの人と比べて皮脂が多いという人は、鼻周りの赤みやかゆみが出たらむしろ皮脂をこまめに拭き取ることを考える方がよいでしょう。
もちろん顔全体の皮脂を拭き取る必要はありません。
鼻周りの赤みやかゆみに見られるように、おでこから鼻、口の上下に続くTゾーンに皮脂が多いので、それに沿って皮脂量をチェックします。
そして脂が浮いているように光っているところがあったら、あぶらとり紙を使ってそっとていねいに吸い取るようにします。
それから肌荒れ用の医薬品などを塗布します。
このとき、軟膏タイプのものは油分が多すぎるので、ベタつかないクリーム剤などの方がよいでしょう。
最近ではさっぱりと使えるローションタイプの肌荒れ用医薬品もあるので、そうしたものを使うとより効果的です。

スポンサーリンク