鼻 かゆい 表面

鼻の表面がかゆい原因と対処法

スポンサーリンク

鼻の中ではなく、鼻の表面が猛烈にかゆい、という症状になったことのある方がいらっしゃると思います。
どうしてなぜそのようになるのか、考えられる2つの原因についてご説明いたします。
そもそも、鼻の表面とは皮膚です。
よって鼻の表面がかゆいということは、顔全体の皮膚がかゆいのではと考える事ができます。
なので、花粉の他、紫外線や食物などによるアレルギーが原因による鼻の表面をはじめとした皮膚のかゆみが考えられます。
その場合、アレルギーの症状が緩和されると同時に、自然とかゆみが引いていくようです。
また、アレルギー以外の原因では、脂漏性皮膚炎が考えられます。
脂漏性皮膚炎とはカビの一種であり、マラセチア菌という菌が、食生活や生活習慣の乱れによって皮脂や脂分が過多になってしまった顔の表面で炎症を起こしてしまう皮膚炎です。
この脂漏性皮膚炎が原因の場合はアレルギーが原因の時とは違い、吹き出物ができたり赤く腫れたりするのが特徴です。

スポンサーリンク

続いては対処法についてです。
鼻のかゆみの原因がアレルギーによるものだった場合は、病院に行ってお薬貰うのが一番良いのですが、時間がない場合などは、生活習慣を見直すのが効果的です。
アレルギーが原因でかゆみがでる場合は、身体の免疫力の低下によりアレルギー反応がでている可能性が高いです。
なので睡眠時間の確保はもちろん、食事に気をつけたり、適度な運動を行うなどの生活の見直しをすると、免疫力が回復してかゆみが取れる場合があります。
また、アレルギーの原因がわかっている場合は極力それに近づかないように気をつけるのが良いです。
それでも症状が治まらない場合はきちんと病院に行き、症状にあったお薬を処方して貰うのが一番です。
また、脂漏性皮膚炎が原因の場合一番気をつけなくてはならないのが食生活です。
脂分が多くなればその分マラセチア菌の住処になってしまうので、脂質や糖質の摂り過ぎに気をつけ、野菜が不足しないように注意してください。
また、洗顔の時に洗顔フォームをきちんと泡立てて使用するなど、顔に脂分が溜まらないように気をつけるのが大切です。
それでも気になる場合は、皮膚科に行き、ステロイド軟膏などを処方して貰う事をおすすめします。

スポンサーリンク