鼻炎 原因 ストレス

鼻炎の原因を把握してストレスを取り除く

スポンサーリンク

鼻の粘膜に炎症が起きることによって鼻水や鼻づまり、かゆみなどを生じやすくなり、急性の主な原因には風邪ウイルスによる感染が挙げられていますが、黄砂などの影響からも招きやすいのも特徴で、対処法としてはウイルスに負けない機能向上を図るための栄養補給や睡眠の質を高め、症状がツラい場合には安静も必要ですし、乾燥はウイルスが最も好むために湿度管理も重要です。
また、急性鼻炎のみならず慢性の炎症においては原因も実に様々にあるために特定できないケースが多く、耳鼻咽喉科などの医療機関の受診が緩和させるためにも必要な内容です。
原因が把握できるアレルギー性以外では難治性として治療期間も長期に及ぶケースも多く、日頃からの対策は必須です。
主な症状として、鼻水や鼻づまり、嗅覚低下や鼻水が喉に落ちることによって痰がからむ、粘膜のかゆみなどが挙げられていますし、人によっては頭が重たく感じられる頭痛の症状までが引き起こされています。

スポンサーリンク

また鼻炎と一口に言っても加齢から生じる老人性から女性ホルモンの影響を受けやすい妊娠性までがあり、鼻づまりで夜も眠りが浅く、呼吸のしにくさやムズムズとしたかゆみなどの症状のツラさによってストレスを感じやすくなります。
ストレスは自律神経に左右されやすいために、緩和させるあるいは治すまでに時間が必要なケースも多い特徴が挙げられています。
医療機関においての処置には内服薬や点鼻薬などを用いり、血管収縮による緩和処置が施されていますが、市販薬の点鼻薬の度重なる使い過ぎによっては逆に鼻づまりを生じてしまう薬剤性鼻炎を引き起こしやすくなるために注意が必要で、薬剤師の指導によって正しく使用することが求められます。
緩和するにもストレスが蓄積されることによって代謝機能までが低下しやすく、ウイルスなども侵入しやすくなるために生活の中でストレス解消を図り、免疫を高める生活にシフトすることも自分でできる対策の1つです。

スポンサーリンク