鼻 かゆい 花粉症 薬

花粉症が原因のかゆい鼻の対処法と薬について

スポンサーリンク

花粉症は、樹木や花の花粉が原因の、アレルギー性の病気です。
春先に発症し、目がかゆいと行った症状や、鼻のムズムズ・鼻水や涙・くしゃみと言った症状が表れます。
昨日まで何の症状も無かった人が、翌日、突然発症すると言ったケースもあり、老若男女問わず、いつ誰が発症するのか分からない病気でもあります。
これは、体内に入り込んだ花粉を体が異物とみなし、排除しようとする動きが症状となって表れます。
特に目がかゆい場合、我慢できずにゴシゴシと掻いてしまうと、目の表面を傷つけたり、症状を悪化させてしまうことになるので、注意が必要です。
花粉症は、花粉が飛び始める前から対策をすると効果的です。
それは、2週間ほど前から、抗アレルギー薬を飲み始めると言うものです。
予め、病院を受診し、花粉が飛び始めると予想される日から約2週間前から、処方された薬を飲み始めます。
これは、初期療法と呼ばれますが、これを行うことにより、特に眼に関する症状を始めとする様々な症状を、緩和することが出来ます。

スポンサーリンク

花粉症を発症してしまったら、花粉から自分の身を守ることが大切になります。
例えば、花粉が多く飛ぶ時間帯や天気を把握することです。
花粉の飛散量が多い時間帯には外出を避け、室内で過ごすようにします。
また、やむを得ず外出をする時には、マスクやメガネ・帽子を身に着けて、体内に花粉が入らないようにします。
そして、帰宅後は、洋服や、持ち物などに付いた花粉を出来るだけ払い落としてから、屋内へ入るようにします。
手洗いやうがいも大切です。
花粉症になってしまったら、内服薬や点鼻薬・目薬を用いて、症状を緩和させます。
花粉症の完治は難しいため、一般的には対処療法になります。
これらの薬は、かゆい目や鼻の痒みを和らげる、くしゃみや鼻水を止める、目の充血を抑えると言った働きをします。
また、体力が落ちるとアレルギー症状が出やすくなるため、睡眠を十分に取り、疲労を貯めないことや、適度にストレスを解消すると言ったことも大切になります。

スポンサーリンク