花粉症 鼻と頭がかゆい 原因

花粉症時、鼻と頭がかゆく、頭をかき過ぎてひどくなる

スポンサーリンク

花粉症の症状は、植物の花粉が鼻や目の粘膜につくことが原因で引き起こされる、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった一連の症状がおもなものとなるのですが、空気中を飛散していますので身体についた場合には、身体にかゆみや発疹がでることもあります。
他の症状はないのに、身体が部分的にかゆくなる場合もあります。
原因がわからない身体のかゆみが続くという場合には、皮膚科でアレルギー反応を調べられることをおすすめします。
 花粉症頭がかゆい症状で、かゆみに耐え切れず頭をかきむしってしまい、頭皮を傷つけることのよくあります。
一般的には、手足にかゆみが出る人が多いのですが、花粉症頭がかゆい、背中がかゆいという人も存在しています。
花粉症頭がかゆいために、頭をかきすぎて頭皮に傷をつけたことが原因で、かゆみや発疹に加えて炎症も起こるようになります。
頭皮が炎症すると、結果的に毛根にダメージが及ぶことになり、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増える可能性もあります。

スポンサーリンク

 今までは影響を一切受けなかった人でも、体調が悪く身体の免疫力が低下している時に、突然発症することは珍しくはありません。
シャンプーが合わなかったり、頭皮にカビがいるなど、さまざまな原因で頭皮はかゆくなるのですが、一般的に考えられるそれらの原因をチェックしてみて該当しない場合には、花粉症の症状として頭のかゆみが出ている可能性があります。
 頭がかゆいと感じるのは、何かしらの原因によって頭皮が刺激を受けているというサインです。
ゆえに、かゆいから頭をかくという行為は、ますます刺激を与えることになり負のスパイラスに陥ってしまうことになります。
使っているシャンプーを見直して頭皮の乾燥を防ぐことによって、頭のかゆみを大幅に軽減させることができます。
 一般的な石油由来の界面活性剤入りのシャンプーは洗浄力が強く、皮脂を取りすぎてしまうために頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。
皮脂分泌の多い夏場はまだしも、空気が乾燥している冬〜春にかけては、かゆさを増幅させてしまいます。
頭がかゆいという症状で悩まれている方には、植物由来のアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

スポンサーリンク