くしゃみをすると 鼻水が出る 原因

くしゃみをすると鼻水が出る原因の対策

スポンサーリンク

異物の侵入を防ぐための防御反応の1つとして、くしゃみをすると鼻水が出る場合があります。
原因の1つにはアレルゲンとなる異物が鼻の粘膜や毛細血管などを刺激することにあり、身体は異物と対抗するための抗体を作り出します。
みたび鼻から異物が侵入した際に抗体反応が起き、くしゃみをすると同時に異物を排出させています。
また鼻水にも同じように抗原になる物質を外に排出させる役割があり、鼻水が出た場合にはすするのではなく、ティッシュなどでかむことが大切です。
またドロッとした膿性鼻漏とサラッとした水様性鼻漏がありますが、水溶性の場合は一般的に鼻風邪であるケースが多く、鼻の内側の知覚神経がウイルスなどによって刺激されてくしゃみが出るのですが、異物を排出しやすくするために鼻水と一緒に出る防御反応の1つです。
熱や怠さがある場合には風邪を疑い、逆に鼻水やかゆみなどがある場合にはアレルギーを疑うのも大切で、耳鼻咽喉科では原因にあわせて適切な処置を施してくれます。

スポンサーリンク

鼻の粘膜の神経を刺激することはもちろん、副交感神経が優位に働くことによっても鼻の粘膜が刺激されてしまいやすく、ムズムズ感や血管拡張によっても鼻水が過剰分泌しやすくなります。
アレルギーが原因となる場合には物質を排除することが対策の1つで、特に環境によって鼻水が出る症状に見舞われる場合には気象状況のチェックは必須で、天気予報での気温の変化や花粉情報などを確認します。
また、鼻が過敏になっている場合には自律神経の影響を避ける規則正しい生活・ストレスを溜め込まない・バランスの良い食事などを意識し、自律神経の乱れを改善させたり抵抗力を高めるためや皮膚のバリア機能を高めるための漢方を用いた療法も効果を発揮します。
薬として服用するだけに留まらず、お茶や入浴剤としても用いることができ、香りの作用でムズムズしたかゆみまでが抑制できるケースも多く、くしゃみをすると鼻水が出る症状など、慢性化しやすい内容の緩和に役立てることが可能です。

スポンサーリンク