くしゃみ 鼻耳 かゆい

くしゃみだけじゃない鼻耳までかゆい症状がでる

スポンサーリンク

3月になるころから、花粉症人はくしゃみ・鼻水などが止まらなくなって、不快な毎日を送ることが増えてきます。
くしゃみは、何度も出ると恥ずかしいだけではなく、横隔膜のあたりが痛くなってしまうほど、くしゃみが止まらない人もいます。
花粉症やアレルギーの影響で鼻耳がかゆい人もいます。
鼻水が出る人も多いですが、鼻耳のかゆい症状がでる人も大変増えています。
口から鼻と耳がすべて繋がっていることで、すべての部分にアレルギーの症状が出ます。
空気の乾燥も影響しています。
空気が乾燥すると肌も乾燥してカサカサしたりかゆくなったりします。
それと同じように、鼻耳の中も乾燥してかゆい症状が起きてしまいます。
綿棒や耳かきで、耳を掻いてもその場しのぎの場合が多く、やめるとすぐにかゆい症状がでてきます。
鼻も同様に乾燥によって肌がかさついてかゆみがでるので、マスクをつけると効果的です。
花粉やアレルギーを吸い込むのを予防する為だけではなく、マスクをすることによって、鼻の中の乾燥にも効果があります。

スポンサーリンク

人前でくしゃみが出るのは、恥ずかしいです。
マスクなどを付けて花粉やアレルギー物質の侵入を予防しても、なかなか止まらない時は、やはりアレルギーに対して効果がある抗ヒスタミン剤の薬を飲むことが重要です。
体の中からアレルギーに対して体の症状を抑える働きをしてくれるので、花粉やアレルギーの症状が出始める1ヶ月前から飲み始めると効果が一番期待できます。
早くから飲む事によって、体を花粉やアレルギーに対して反応しにくい体質づくりをするので、症状が出始める前から飲んでおくことによって、花粉やアレルギーの時期がきた時にすでに体が反応しないようになっているので、症状がひどくならずに済みます。
花粉やアレルギー対策は、症状がでる前に早めに行っておくことが重要です。
鼻耳の乾燥対策は、部屋の加湿の調整や鼻の中にワセリンを塗っておくと効果が期待できます。
ワセリンは、副作用もない保湿クリームですから、鼻の中に薄く塗っておくことによって、肌の乾燥も防げます。
同時に鼻の中の粘膜に膜を作るので、外からの花粉やアレルギーの侵入も防いでくれます。
薬局で安く売っているので経済的です。
副作用もないので大人から子供まで安心してつかえます。

スポンサーリンク