寒暖差アレルギー かゆい 原因と対処法

温度差の影響で鼻がかゆい、寒暖差アレルギーの原因と対処法

スポンサーリンク

アレルギーというと花粉や食物などによるものが一般的ですが、急激な気温の変化によってアレルギー症状が引き起こされる場合があります。
寒暖差の影響で鼻が過敏になる症状を、寒暖差アレルギーと言います。
季節の変わり目など気温の変化が激しい時期や、近年では異常気象により発症しやすくなっていると言われています。
寒暖差アレルギーの症状や、原因と対処法を解説します。
寒暖差アレルギーの症状は、花粉症や鼻炎と似たような鼻がかゆい、ムズムズしてくしゃみが出る、鼻水が出るなどの症状があります。
正式名称は血管運動性鼻炎と言い、鼻の血管が過敏になることが原因と言われています。
もう少し詳しく説明すると、急激な気温の変化により自律神経が乱れ、血流をコントロールする機能が乱れることにあります。
また、自律神経の乱れにより免疫機能に狂いが生じるため、とも言われています。
鼻の症状だけでなく、情緒不安定になるなど精神的な症状が出ることもあります。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーの症状は花粉症や風邪と類似していますが、原因と対処法が全く異なります。
花粉症の場合はアレルゲンが原因であり、抗アレルギー薬が処方されます。
また、風邪の場合は抗ウィルス薬が処方されますが、寒暖差アレルギーの場合は効果を発揮しない場合があります。
きちんと症状の違いを見極め、原因と対処法を理解することが大切です。
花粉症との違いは、目がかゆい症状が出るかどうかという点です。
また風邪との違いは、鼻水の色や発熱があるかどうかが見分けるポイントとなります。
寒暖差アレルギーの場合は目がかゆい症状や発熱はなく、鼻水は透明な色をしています。
医療機関での治療にはこれといった特効薬はなく、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬や、自律神経を整える薬を処方するしかないようです。
日常生活で予防のために出来ることは、衣服の調整などで温度差をなくすことが大切です。
また、筋肉をつけることで温度変化に負けないようにすることや、体を温める食生活を心掛けることも効果的です。

スポンサーリンク