鼻の粘膜 かゆい 対処法

鼻の粘膜がかゆい場合の対処法

スポンサーリンク

花粉症や鼻炎などもアレルギー性の1つで、鼻の粘膜にまでアレル物質が付着することにより、ムズムズとしたかゆみや鼻水などの症状を引き起こしてしまいやすく、自然治癒での治りは難しいために1度発症してしまうと慢性化する可能性が高くなります。
花粉症などの症状には、鼻の粘膜が過敏になることによるくしゃみや鼻づまり、皮膚のかゆみなども生じるケースがあり、頭痛や喉の違和感や身体全体の倦怠感などを招く場合もあります。
対処法としてはアレルギーを引き起こす原因を除去することにあり、花粉症の場合には花粉を寄せ付けないことがポイントですし、アレルギー性の場合にはハウスダストや特定の食べ物などの化学物質などのアレルゲンを除去することが大切です。
免疫反応の1つとして、毛細血管がヒスタミンなどの刺激を受けることで鼻の粘膜にかゆみが出るため、薬によるケアも必要です。
鼻の中がかゆい場合、ムリに掻くことで皮膚トラブルを招きやすくなり、細菌感染などによる2次感染に繋がってしまうため、外出時にはマスクでガードすることも対処法の1つです。

スポンサーリンク

また、粘膜がかゆい場合には鼻うがいや鼻をかむことも対処法であり、鼻の粘膜が過敏に反応している場合に有効性が挙げられています。
症状が出る前の初期治療を専門医では提案しているため、毎年・毎回ツラい症状が続いている場合には早めの治療を進めることは必須です。
また、子供の場合にはアレルギー性鼻炎などによって鼻の粘膜が荒れ、かゆみによって鼻を頻繁に触ることで粘膜を傷つけやすくなり、出血するケースもあります。
小鼻を親指と人差し指でつまみ、圧迫するだけでもかゆい症状が緩和でき、さらに綿花などを鼻の中に詰める対処も子供の場合には適した方法です。
また、乾燥はかゆみを生じやすいために保湿は重要で、市販のスプレー薬なども効果的ですし、鼻の中をいじる・こする・傷つけることは避けるなどの刺激に配慮することもポイントです。
毛細血管は熱によっても反応しやすいため、冷やすことも効果的な処置と言われており、冷たいタオルなどをあてることも最適です。

スポンサーリンク