鼻の下と奥 痒い 原因

鼻の下と奥が痒い原因は、鼻の疾患の可能性があります

スポンサーリンク

痒みの症状は、突然発生する事がありますが、何らかの病気が原因になっている可能性などもあります。
鼻の下と奥が痒いと感じる原因の一つには、鼻の疾患の可能性もあります。
例えば、アレルギー性鼻炎などがあると、くしゃみや鼻水の症状が多くなり、鼻をかむなどを行う事があります。
アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜が炎症を起こしている状態でもありますが、鼻水をかむ回数が増えると、鼻の粘膜を傷つける事もあります。
鼻の下と奥が痒いという症状を伴う人もいます。
アレルギー性鼻炎の場合には、市販のお薬を利用して、症状を改善する事もできます。
唯、根本的な改善を目指すためには、耳鼻科のクリニックを利用して、適切な治療をする事も効果に繋がる可能性が高くなります。
アレルギー性鼻炎の症状を引き起こす原因となるものは、人によって違いもありますが、治療によって改善していく事もできます。
アレルギー性鼻炎が改善されると、鼻の下と奥が痒い症状についても、伴って良好になっていく場合が多くなります。

スポンサーリンク

鼻の疾患は、副鼻腔炎などもあります。
副鼻腔炎は、ウィルスや細菌などが、鼻の奥に溜まってしまい、くしゃみや鼻づまりなどの症状を引き起こします。
鼻をかんだ時などにも、透明な鼻水よりは、黄色や緑色などのドロッとした状態のものが出てくる事もあります。
鼻が詰まる様に感じるため、鼻を常にすする様な状態になったり、鼻をかむ回数が多くなるなどの場合もあります。
常に風邪を引いた時の鼻の様な状態にもなるため、鼻の下と奥が痒いという原因を作る事もあります。
副鼻腔炎の場合には、急性や慢性の症状があり、急性の場合には、医師の判断により、お薬の服用で治る場合もあります。
慢性の症状になると、お薬では効果を望めないケースもあり、内視鏡による手術などが実施される事もあります。
最近の内視鏡による手術では、患者側の負担も少なくて済むケースが多くなっています。
副鼻腔炎が原因の鼻の下と奥が痒い症状は、まずは副鼻腔炎に対する適切な治療を実施する事が大切です。
症状の慢性化を防ぐためにも、早めに耳鼻科のクリニックを受診して、検査や治療をしていく事が対処法になります。

スポンサーリンク