運動 鼻水が出る かゆい 対処法

運動すると鼻水が出る、かゆい場合の対処法は、ツボ押しもできます

スポンサーリンク

くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状は、風邪を引いた時に経験する事が多いですが、動作を伴った時に発生する事もあります。
運動をすると鼻水が出る、かゆいといった症状に襲われるなどのケースもあります。
元々、アレルギー体質があって、アレルギー性鼻炎などの場合には、外気に触れた時、温度差などが原因で鼻水が出る、かゆいという症状になる事もあります。
生活の中で、ジョギングなどの運動は、外で行う事も多く、変化をきたし易い状態になります。
対処法としては、できれば耳鼻科のクリニックを利用して、アレルギー反応が発生する原因を知るなども挙げられます。
アレルギー反応を起こす物質(アレルゲン)の特定ができれば、特定の物質を回避して、症状を起こさない様にしていく事も可能になります。
耳鼻科のクリニックを利用すれば、随時治療をしていく事もできます。
点鼻薬などを使用して、症状を抑制したり、自分の症状に適合すれば、注射を利用した治療などもできます。
医師の診断に従って、適切な治療をしていく事が、有効な対処法になります。

スポンサーリンク

運動をすると鼻水が出る、鼻がかゆい感じがする場合、自分でできる対処法としては、生活に関する見直しなどもできます。
特に冬場は、室内と外の温度差が激しくなり、運動などで外気に触れると、鼻水が出る、鼻がかゆいという症状になる事もあります。
可能であれば、寒い間の運動については、屋内で行う様にする事もできます。
からだを動かしている内に、やがて温かさを感じる様になりますが、予め一枚多く羽織っておくなどすると、寒さや気温差を感じなくて済む場合があります。
試してみる事ができる、手軽な対処法ともなります。
また、鼻水が出る、鼻がかゆいといった鼻に関する症状については、ツボ押しなども症状の抑制に繋がる場合があります。
簡単な対処法としては、鼻の穴の入り口部分の横、両側を少しの間押さえるというやり方です。
運動をしている最中などでも、可能であれば一瞬立ち止まって行ってみるなどができます。
ツボは、正確には『迎合』と呼ばれる部分ですので、ツボ押しマッサージなどの雑誌や本で、位置を確認する事もできます。

スポンサーリンク