鼻の頭 かゆい 原因

鼻の頭がかゆいのはカビが原因

スポンサーリンク

ついつい鼻を触ってしまう癖があると周りの人に落ち着きがない印象を与えることがあります。
でも、鼻の頭がかゆいので触ってしまう、皮膚が赤くなるまでかいてしまうこともあります。
鼻の頭は汗が噴き出ることもあるぐらいなので清潔なところとは言えない場所で、悪い菌が住み着いてしまうことがあります。
私たちの皮膚の表面にはたくさんの常駐菌が住み着いていて、汗や皮脂が多い鼻というのはそういった菌の絶好の住処になります。
鼻の頭のかゆみの原因になりそうなのがマラセチア菌という真菌・カビの一種です。
背中などにできる体ニキビの原因になったりします。
鼻がかゆいとか、肌がかさつく、赤くなるなどの症状が現れた場合、脂漏性皮膚炎の可能性があります。
マラセチア菌は皮脂が大好きで、脂性の肌に過剰に分泌される皮脂を食べて遊離脂肪酸という物質を作り出します。
遊離脂肪酸は肌に対する刺激が強いため湿疹などを引き起こすのです。
だから皮脂が多く分泌される鼻の頭がかゆいのです。

スポンサーリンク

梅雨の時期になると湿度や気温が高くなり、いっそう皮脂分泌が過剰になって皮膚炎の症状が目立つようになるので注意が必要です。
脂漏性皮膚炎の症状を改善するためには食生活などを見直すことが必要になります。
食事の内容として、皮脂分の原因になる脂質の摂取をできるだけ少なくするように努め、ビタミンB群やビタミンCをたくさん取るように心がけましょう。
肌は清潔に保ち汗や細菌の刺激を受けないようにします。
洗顔の際も肌に触れることをできるだけ避け泡立てた洗顔料で優しく洗い、タオルで水をふき取る時もそっと押し当てるようにします。
外出時の汗はこまめにふき取ります。
睡眠は十分にとります。
肌の新陳代謝は眠っている間に行われるので良質な睡眠を十分にとりましょう。
寝不足は肌トラブルの元になります。
症状が悪化した場合は皮膚科を受診します。
症状が軽ければ抗真菌薬の塗り薬で済みますが、重症の場合はステロイドの塗り薬や抗生物質などが使われるようになります。
鼻の頭は顔の中でも最も目立つ部分で、そこがかゆくて赤くはれたら目立ちます。
恥ずかしいので早く治しましょう。

スポンサーリンク