鼻が痒い 鼻くそたまる 原因

鼻が痒い、鼻くそたまる原因は乾燥からくるメカニズムも関係します

スポンサーリンク

鼻は、普段は自然と鼻呼吸をしている箇所でもありますが、その分、外からの異物をシャットアウトするという働きなどももっています。
鼻に関する働きは、鼻くそたまるというものもあります。
同時に、鼻が痒いと感じたりなど、鼻くそが発生する状況は、人によって違いもあります。
鼻くそたまる、鼻が痒いという原因としては、鼻くそができるメカニズムを多少理解しておく必要があります。
鼻は、自分でも感じる事ができますが、内部の粘膜が多少湿った状態になっています。
湿った状態になる事で、外から侵入するウィルスやほこりなどの異物についても、キャッチし易くなります。
鼻水になって流れ出る事もありますが、乾燥すると鼻くそとして形成されます。
ですので、鼻くそたまる、鼻が痒いといった症状になるのであれば、環境として、ほこりなどが多い状況である事が原因と推察できます。
原因が、取り巻く環境の場合には、日頃長くいる場所の環境を衛生的に保つなどすると、鼻くそが減る可能性もあります。

スポンサーリンク

鼻は、異物の侵入を防ぐといった防御反応を行う箇所でもあります。
人によっては、環境が変化した事が原因で、鼻が痒い、鼻くそたまるという状況になる人もいます。
例えば、都心部から離れた場所は、人口が少なかったり、自然環境がまだ残って空気が澄んでいる状態の場合もあります。
その様な場所から都心部に引っ越してくると、鼻くそたまる、鼻が痒いといった症状を著しく感じる人も見られます。
都心部の場合には、人口も多く、様々な生活をしている背景があり、自然が少ない一方で、人の出すごみなどは多くなる環境もあります。
人が多いと、ほこり、あるいはウィルスの飛散なども増えて、それをキャッチする鼻毛が発達するという場合もあります。
対処法としては、ほこりなどの少ない環境を実現する事の他に、マスクを着用するという手軽な方法もあります。
環境が悪いと感じる場合には、できるだけ日頃からマスクを着用して、ほこりやウィルスが鼻に入り込まない様にするなども、鼻くそたまる場合の有効な方法です。

スポンサーリンク