鼻の中 かゆい 原因

鼻の中がかゆい原因と対処法について

スポンサーリンク

現在、日本人の5人に1人が「アレルギー性鼻炎」を持っていると言われています。
この「アレルギー性鼻炎」とは、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が見られることを言います。
そのほか、鼻のかゆみを伴うこともあるようです。
アレルギー性鼻炎になる原因は、免疫反応で起こる「炎症」が挙げられます。
この炎症とは鼻の中の「粘膜」に発症することです。
そのほかの原因では「ドライノーズ」が挙げられます。
これは「乾燥鼻炎」とも呼ばれていますが、鼻の中が「乾燥」して乾いてしまうことを言います。
鼻の中の粘膜が乾燥してしまうと、ムズムズしたりかゆい症状が現れます。
主に、冬場に一日中エアコンのきいている室内で過ごす人に多く見られます。
ドライノーズの主な症状は、かゆみを感じたり、痛くなったり、ムズムズしたりなどの症状がありますが、炎症を起こすと「痛み」を感じることがあるので注意が必要です。
次に、ドライノーズの原因ですが、「乾燥」が挙げられます。
この乾燥とは、部屋の中の乾燥ではなく、鼻の中が乾燥することを言います。

スポンサーリンク

では、なぜ鼻の中が乾燥するかというと、乾燥した環境で過ごすことが多いことや、点鼻薬を頻繁に使うことが挙げられます。
その結果、発症しやすいと言われています。
また、乾燥が原因で鼻の粘膜も乾いてしまうので、特に冬場は、空気が乾燥しやすいので要注意となります。
次に、かゆい時の対処法ですが、まず「アレルギー性鼻炎」の場合は、耳鼻咽喉科で処方される内服薬や点鼻薬を使います。
また、アレルゲンとなる「原因物質」をさけるため、部屋を綺麗にしたり、マスクをすることも重要です。
また、「ドライノーズ」の場合は、部屋の湿度を上げたり、濡れマスクなどを使います。
そのほか、市販の「ドライノーズスプレー」も効果が期待できます。
これは「薬」ではなく「洗浄剤」なので、安心して使うことができます。
日常では、加湿器を使用して適度な湿度を保つことや、水分補給も必要となります。
乾燥しているのに水分を摂らないと、かゆい症状が更に悪化することがあるので、こまめな水分補給が必要です。
そして、症状がある時は出来るだけ「触らない」ことも重要なことです。
気になって触りたくなりますが、触ると悪化するので「我慢」も大切なことになります。

スポンサーリンク