小鼻かゆい ジンクス

小鼻かゆいときのジンクスとかゆみの原因

スポンサーリンク

小鼻かゆいときのジンクスがあります。
お金に関するジンクスが多いです。
また、かゆいと感じる場所によってジンクスが違ってきます。
鼻の頭がかゆいときは、いいジンクスです。
収入があるジンクスや、誰かに好かれているというジンクスがあます。
鼻が全体かゆいときや、小鼻かゆいと感じるときは、出費のジンクスがあります。
このようなジンクスもありますが、小鼻かゆいと感じるときは、脂漏性皮膚炎の可能性があります。
脂漏性皮膚炎は、皮脂がたまりやすい場所に起こりやすいです。
髪の生え際や、背中、鼻などです。
なので小鼻かゆいと感じるのです。
小鼻かゆいと感じる他に、皮膚が赤くなったり、皮がむけることがあります。
脂漏性皮膚炎は、赤ちゃんの時も発症することがあります。
皮膚が発達していないことが原因となります。
大人がなる脂漏性皮膚炎は、原因が違います。
また、すぐに治ることが難しく、時間をかけて落ち着くということもあります。
小鼻かゆいという症状が出ていても、乾燥だと感じて治療を受けていない人もいます。

一度病院を受診した方が良いです。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎の原因は、いくつかあります。
ストレス、寝不足、皮膚に残った皮脂、ビタミン不足などがあります。
このような原因の他に、真菌が関係していると考えられています。
マラセチアという真菌です。
マラセチアは、健康な時も肌にいる常在菌で、皮脂が好きな真菌です。
皮脂が多い場所でマラセチアが過剰に増えることなどが小鼻かゆいと感じる原因となります。
はっきりとしたことはわかってはいませんが、マラセチアが過剰に増殖することで炎症を起こすこともあります。
また、マラセチアが皮脂を分解したときに出る物質が炎症を起こすということもあります。
脂漏性皮膚炎には、抗菌作用や殺菌作用のあるシャンプーや石鹸が有効とされています。
また、食生活の改善や、ストレスをためないことも予防方法です。
治療には、抗ヒスタミン剤や、ステロイド剤などの内服薬や外用薬を使用します。
皮脂を過剰に分泌させないようにするために、ビタミンB剤も治療に使用します。

スポンサーリンク