鼻がかゆい 入浴剤 アレルギー 対処法

鼻がかゆい症状と入浴剤やアレルギーの関係と対処法について

スポンサーリンク

アレルギーなどで普段から鼻がかゆいことはありますが、お風呂に入ることで鼻がかゆいと感じることがあります。
その原因の一つが入浴剤です。
入浴剤には化学物質が多く含まれています。
香料や色素などがありますが、それらの化学物質が皮膚に合わずアレルギーを起こし鼻がかゆいと感じることがあります。
アレルギー体質であれば、鼻がかゆいと感じる症状が出やすくなることも考えられます。
対処法は、入浴剤が原因であるとわかった場合は、入浴剤を使用しないことです。
または、自然派の入浴剤を使用してみることも良いです。
また、熱いお湯のお風呂や、シャワーも肌や鼻がかゆいと感じる原因の1つです。
熱いお湯が、肌に必要な皮脂を流してしまい、乾燥することによってアレルギーのようにかゆくなってしまいます。
乾燥することで肌が敏感になり、ちょっとした刺激で肌がかゆくなります。
対処法は、お湯の温度を下げることです。
スキンケアや、入浴剤を使用することも対処法です。

スポンサーリンク

お風呂に入ることで、血行が良くなります。
暖かくなることで肌や鼻がかゆい症状が出ることがあります。
それは。
温熱じんましんの可能性があります。
急に暖かくなることで肌が刺激を受けたと感じて反応するのです。
症状は長く続きませんが、治まらないようならアレルギーの可能性もあります。
アレルギーの場合、病院で抗アレルギー薬など処方してもらうことが対処法です。
鼻がかゆい症状がでる病気に脂漏性皮膚炎があります。
この病気は皮脂が多い場所にできるので、鼻や背中などが赤くなったり、かゆみが出ます。
皮脂の洗い残しが原因となることがありますが、皮脂をとりすぎると乾燥を防ぐために余計に皮脂が分泌してしまうことがあります。
対処法には、乾燥を防ぐために、敏感肌用の入浴剤を使用する方法があります。
脂漏性皮膚炎なのに乾燥によるかゆみだと思い、対処法をとらない人もいます。
慢性的に症状が出ることがあるため、病院を受診することが対処法です。

スポンサーリンク