雨が降る 鼻がかゆい アレルギー 原因

雨が降ると鼻がかゆいなどのアレルギー症状が出る原因

スポンサーリンク

アレルギーというと、原因となる物質が体内に侵入するなどして、鼻がかゆいなどの症状が出ます。
特に花粉症などは、花粉が体内に入ることが原因で、鼻がかゆいなどのアレルギー症状が出ます。
ですが、雨が降る前や、雨が降ると鼻がかゆいなどのアレルギーのような症状が出ることがあります。
雨が降ると、舞い上がったホコリや花粉が地面に落ちるため、花粉症のような症状は落ち着くといわれています。
実際は、雨が降る日でもホコリや花粉は飛んでいます。
では、なぜ雨が降ると鼻がかゆいなどのアレルギー症状が出るのかというと、実ははっきりとは分かっていないのです。
考えられる原因はいくつかあります。
まずは、自律神経の働きです。
日中など起きているときは、交感神経が優位になるため、鼻がかゆいと感じたり鼻水は抑えられています。
副交感神経が優位に切り替わるときに、アレルギー症状が強く出ることがあります。
雨が降ることと自律神経の関係がアレルギー症状と関係があるようです。

スポンサーリンク

雨が降る前に、気圧は低下します。
体が、気圧の低下を感じ取ることが原因で副交感神経が優位になり、アレルギー症状が出ると考えられています。
また、気圧が低下することで、ヒスタミンが分泌されることがわかっています。
ヒスタミンが過剰になってしまうことが原因で、アレルギーが悪化し、鼻がかゆいと感じるとされていますが、この仕組みはよくわかっていないです。
気圧の変化で、鼻炎が起こることがあります。
血管運動性鼻炎というものがあります。
この鼻炎は、気圧の他に、温度の変化や、雨が降ることで気温が下がること、ストレスが原因とされています。
血管運動性鼻炎も、自律神経と関係がありますが、目のかゆみや、鼻がかゆいと感じることがないのが特徴です。
症状が出てもすぐに治まることが多いです。
自律神経が原因のため、生活のリズムを整えたり、ストレスをためないようにすること、睡眠が大切になります。
また、鼻の粘膜の炎症を抑える薬や、ヒスタミンが分泌されるのを抑える薬などを使用して治療します。

スポンサーリンク