鼻のてっぺん 痒い 原因

鼻のてっぺんが痒い原因と解消法について

スポンサーリンク

花粉やハウスダストが原因で発症するアレルギー性の鼻が痒い症状は、おもに鼻の穴に起こりますが、鼻のてっぺんに発症する場合もあります。
この部分は鼻の中でも特に皮脂の分泌が多く、ニキビや角栓ができやすい部分です。
また花粉やハウスダストが皮膚に付着する時は、皮脂の分泌が多く空気中の浮遊物を吸着しやすい鼻のてっぺんに集中しやすくなります。
花粉やハウスダストが多い時にはマスクを常にしておかないと、ダイレクトにアレルギー症状を発症する原因になってしまいます。
さらにこの部分は鼻をかむ時に触れやすい部分でもあり、皮脂が毛穴に詰まりやすく炎症により痒い症状が現れやすいのです。
ところで鼻のてっぺんが痒い症状は花粉やアレルギー物質だけでなく、紫外線が原因で発症する場合もあります。
鼻のてっぺんは特に紫外線が当たりやすく、ダイレクトに害を受けやすいのです。
紫外線が当たると皮脂の多い皮膚の部分は特に炎症が起きやすくなり、痒みやヒリヒリするといった症状が現れやすくなります。

スポンサーリンク

では鼻のてっぺんの痒い症状を解消するには、どのような方法があるのでしょうか。
まず花粉やハウスダストの付着を防ぐために、マスクを常に装着していることが一番効果的な解消法です。
また帰宅後は水で鼻の部分を洗い、花粉やハウスダストをできるだけ早く落としてしまいましょう。
一方、紫外線による害を防ぐためには、鼻のてっぺんの部分にしっかりと日焼け止めを塗っておくとよいでしょう。
ファンデーションの場合は油分が多く、鼻にトラブルがある場合は毛穴が詰まって炎症を起こしやすくなりますので、薄くつける程度にとどめておくことが望ましいでしょう。
さらにクレンジングの時にはこすらないようにし、水で洗い流すタイプのクレンジング剤でやさしくマッサージして落とすと、皮膚に刺激を与えることなくメイク落としができます。
ところで鼻の部分は皮脂が多いので脱脂力の強い洗顔料で洗うのがよいと思われがちですが、あまり強い洗顔料で皮脂を落としてしまうと、皮脂の過剰分泌の原因になります。
適度に洗って適度に保湿することで、痒みもテカリも抑えられます。

スポンサーリンク